コラム|小岩駅で歯科・歯医者をお探しの方はふたわ歯科クリニックまで

〒133-0057
東京都江戸川区西小岩1-13-20
フェリシダ・キクチ 1F

歯にいーな

TEL:03-6657-8217

FAX:03-6657-8241

診療時間日・祝
9:30~13:00
14:30~18:30

:月~水は訪問診療も行っています。
  午前9:30~12:00/訪問13:00~16:00/午後16:30~18:30
  訪問診療は金・土も行っていますのでご相談ください。
休診日:木曜・日曜・祝日

ふたわ歯科クリニック

〒133-0057 東京都江戸川区西小岩1-13-20
フェリシダ・キクチ 1F

コラム

コラム

妊娠したら歯科検診を受けましょう

こんにちは。
小岩駅徒歩4分のふたわ歯科クリニックです。

 

妊娠中に歯周病になっていると、お腹の赤ちゃんや出産にも影響することをご存知でしょうか?
今回は妊娠と歯周病の関係についてお話いたします。

 

 

妊娠すると歯肉炎のリスクがアップ

 

妊娠すると様々な女性ホルモンが変化します。
エストロゲンという女性ホルモンが盛んに分泌されるようになると、エストロゲンを好む歯周病菌「プレボテラ・インターメディア」がお口の中に増えやすくなります。

 

妊娠中にはプロゲステロンというホルモンも、月経の時の10~30倍にまで増します。このプロゲステロンは、炎症を引き起こすプロスタグランジンを刺激します。

 

こうして歯周病菌が増え、炎症も起こりやすくなるため、妊娠中は歯肉炎になりやすくなるのです(妊娠性歯肉炎)

 

妊娠したら今まで以上にお口のケアをしっかり行い、歯垢を取ることが大切です。
つわりで歯磨きができないでいると、特に歯肉炎になりやすくなります。
食後すぐに磨けなくても、体調がいい時に丁寧に磨くように心がけましょう。

 

 

歯周病と出産への影響

 

歯周病にかかっている妊娠中の女性は、低体重児の出産や早産をしやすくなることがわかっています
その危険率は歯周病のない妊婦さんの約7倍にものぼり、タバコやアルコール、高齢出産よりもはるかに危険です。

 

 

妊娠したらぜひ歯科検診を

 

出産すると赤ちゃんのお世話で忙しくなり、歯科医院に通う時間を取りにくくなります。
つわりが落ち着いて安定期に入ったら、ぜひ歯科検診を受診し、予防ケアを受けましょう。磨き残した歯垢をしっかりと取り除き、むし歯や歯周病になっていても早めに治療に取り組むことで、歯周病のリスクを抑えることができます。

 

 

生まれてくる赤ちゃんにむし歯菌や歯周病菌を移さないために、ふたわ歯科クリニックでは「マイナス1歳からの歯科予防」として、妊娠中の治療や予防ケアをお勧めしています。
体調のいい時を選んで、お気軽にご相談ください。